ボッシュ レーザー墨出し器 GLL840ELR 731a5gtbz52928-散水、水栓、水周り

トヨックス スーパートヨロンホース ドラム 50×60mm ST-50ディア B (PN-GR-CC-34B)

ボッシュ レーザー墨出し器 GLL840ELR 731a5gtbz52928-散水、水栓、水周り

ボンナ 54cm (NS-VR0687)
 「婦人公論」9/10号でのジェーン・スーさん連載挿絵。サーカスを観に行かれたというお話。

●従来より高輝度なラインを照射します。●ジンバル式に比べ振動、揺れに対して安定した整準が可能な電子整準式です。●圧倒的にコンパクトな電子整準方式レーザー墨出器です。 メーカー:ボッシュ(株)





■特長
●従来より高輝度なラインを照射します。
●ジンバル式に比べ振動、揺れに対して安定した整準が可能な電子整準式です。
●圧倒的にコンパクトな電子整準方式レーザー墨出器です。

■仕様
●縦(mm):210
●横(mm):136
●精度:±1mm/10m
●自動補正範囲:±3°
●容器保護等級:IP54
●電源:単3アルカリ乾電池×4本(付属)

■セット内容・付属品
●レーザー墨出器:GLL8-40ELR
●受光器:LR5

ボッシュ レーザー墨出し器 GLL840ELR
 「SPUR」11月号の映画レビュー連載では、『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』を紹介しています。エイス・グレードとは8年生のことで、高校にあがるひとつ前の学年で、日本で言うところの中学最終学年。高校進学を目前にした冴えない主人公が、高校デビューに向...
三協アルミ ひとと木2 ドッグランセット(門扉+フェンス) 門扉間口取り付け 高さ1200mm 2.0間×8尺 *デッキ本体は別売です。 ツルミポンプ 水中ハイスピンポンプ ベンド仕様 U型 2極形 80U22.2
新ダイワ バンドソー 平バイス コンター機能付 RB120FV

好きな音楽について

 好きな音楽について聞かれるとき、ほとんどの場合ごまかしている。あまり聴かないとか、まあいろいろととか、適当に言っている。とは言え別にそれは嘘ではない。あまり熱心に聴く方ではないし、いろいろはいろいろだ。それでも一応好きなものはあると言えばある。ではどうしてはっきりそれを言わない...
オンリーワン アイアン+バーンウッドベンチ 『ガーデンベンチ』

TABFに行った話

 7月のことになるけれど、TABFことTOKYO ART BOOK FAIRに行ったことを書くのを忘れていた。その名の通りアートブックのフェアなのだが、画集や写真だけでなく、個人制作のZINEが見どころ。ちょうど直前にその存在を知り、見てみたらおもしろいかもとひとから勧...

ZINEを作る

 なんとか8月が終わるまでにZINEらしきものを作ることができた。前からなにか作りたいと思っていて、今年の目標のひとつにもなっていたけれど、なかなか取り組まないので見かねた妻に背を押される形で夏の工作課題ということになっていた。なんとなくハードル高く感じていたけれど、と...
TKK バッテリーマイティー DC24V 450kg BM360S  「SPUR」10月号の映画レビュー連載では、明日(30日)公開の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を紹介しています。クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット主演で描くハリウッドの黄金時代。贅沢な2時間40分...
ガーデンテーブルセット(信楽焼陶器製5点)窯肌20号  「ヘアモード」9月号のTシャツコーナー、今月のテーマは「80-90年代ロック」で、シチュエーションはフェス会場。思えばフェスらしいものは一度しか行ったことがなく、なかなか嫌な思いをした一回きりなので、またどこかで挑戦はしてみたいんだけど、毎年にこの時期になると...

尋ね人

鶴見製作所(ツルミポンプ) 一般揚水用 立形多段うず巻インラインポンプ TCR1-15 50Hz(東日本用)
 漫画を描きたいと思っていて、描かなければ始まらないので細かい話など考えていない。墜落したロケットを背景にとぼとぼ歩いている絵と、宇宙人酒場のカウンターでバーテンに聞き込みをしている絵だけが最初にイメージとしてあって、間を埋めて繋げただけ。モス・...

気づけば10年

 この8月でツイッターを始めて10年になるらしい。もう具体的な状況は覚えていないけれど、ツイッターのプロフィール欄に2009年8月から利用していると表示されているのでそうなのだろう。確かフィギュアの情報を追いたくてメーカーのアカウントを見るために始めたのだと思う。それが、今ではど...
寺田 テラダポンプ【CS-400L・CS-400TL】底水用ステンレス水中ポンプ 非自動

「ペンギンの憂鬱」感想

 そのタイトルと装画から気になっていた本。いざ読んでみたらその可愛らしいイラストからは想像できない展開に冷や汗が出るほどだった。売れない作家と憂鬱症のペンギンによるちょっと不思議な生活、程度では全然ない。不思議というより不穏で、得体の知れない危うさが徐々に迫ってくる感じ...

「買い物とわたし」中国語版

 週刊文春での連載時から挿絵を担当していた山内マリコさんのショッピング・エッセイ集「買い物とわたし 〜お伊勢丹より愛をこめて〜」の中国語簡体字版をいただきました。漢字とはいえ外国語と自分の絵が一緒になっているとやはり上がります。言葉だけで...